青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

略して「青ブタ」シリーズというとか言わないとか。ラブコメのライトノベルです。作者は鴨志田一先生で、電撃文庫から出版されています。タイトルにあげたものはシリーズ2作目で、メインヒロインとのなれそめを描いた第1巻に「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」というのがあります。2巻とも大変面白く、ラブコメ好きな人にはおすすめです。それでは感想を書いていきます。

注意!! この後はネタバレを含みますので、嫌な方はブラウザバックをお願い致します。

シリーズ通しての世界観ですが、「思春期症候群」という症状が存在します。これになると、不思議な現象(他人に知覚されなくなるとか、体が傷だらけになってしまうとか)が発生します。主人公も、その妹も、そしてヒロインたちも思春期症候群になり、物語が進んでいくことになるのです。今回のメインヒロインは見かけはいまどき、とにかく空気を読みまくる気遣いちゃんであるかわいらしい後輩です。前作で出会った主人公の思い人は今回は脇役です。そのためか、この後輩ちゃんの書き方はとても気を遣って会ったと思います。ヒロインなんだからかわいらしく! しかし、メインヒロインはいるのだからけして彼女を押し退けて嫌われないように……とキャラクターの性格と言動のNGラインの線引きがとてもむずかしかっただろうな、と思われました。読み終わってみれば、わたしはこの後輩ちゃんのかわいさといい子さにめろめろだったので、描写の仕方は大成功だったのだと思います。

構成ですが、プロットポイント1 → 後輩ちゃんとの恋人のフリが始まる      ピンチポイント → メインヒロインにフリだけで終わればいいわね、と心配される  ミッドポイント → 主人公が後輩ちゃんに今の自分は嫌いか?と尋ねる       ピンチポイント → 後輩ちゃんについて嫌なうわさが流れる            プロットポイント2 → このフリが終わったら、友達になろう

こんな感じかと思われます。あらすじもなしに構成を載せましたが、なんとなく察しられるように、恋人のフリがいつの間にか、後輩ちゃんの中では本気に変わってしまう、という内容でした。ライトノベルで男性向けなので、ちょっとハーレム要素があるといことかと思います。しかし、他作品では主人公とサブヒロインたちの間が曖昧にほっとかれる傾向があるのに対して、この作品では最後、ばっさりと主人公は後輩ちゃんを振りました。珍しいなあ、と思いましたが、主人公の性格が高校生とは思えないくらいハードボイルドよりなので、曖昧にするような奴ではないだろう、というキャラクターの性格を尊重した展開だったなと思います。この辺も、女性が読んでも面白く読める要素の一つかなと思いました。

男性向けラブコメはちょっと……と思っている女性には、読んでみてほしいシリーズだと思います。主人公が癖はありますが男らしくかっこよいですし(モテる理由がわかる)、ヒロインたちがかわいいです!女目線から見ても、いい子たちだなあ、と思え、ほっこりできますよ。

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

あと一押し

次の記事

宇宙兄弟 #24