ストレス解消したい

小説風育児日誌です、どうぞ!

育児中というのはストレスが溜まるものである。育児=育自(自分を育てるの意)とも言うように、育児と言うのは半端じゃなく、我慢を強いられることが多い。
生まれたての赤ん坊であれば睡眠・食事・トイレに行く時間などを我慢することが頻繁にあるし、大きくなったらなったで「ここで怒鳴ったらいかん!!」と、無理矢理に笑顔を浮かべなければならないことが、下手をすれば1時間に10回くらいある。
特に生理前なんかは大変だ。ただでさえイライラしやすい時期なのに、子供はそんなことお構いなしだ。
そして、本題の「ストレスを解消したい」に繋がるわけである。
今、息子の年齢は3歳7カ月。ちょっと前まではイヤイヤ期も過ぎて天使のようにかわいらしいお子様だったが、1か月前ほどから反抗期がはじまった。とにかくなんでも「イヤだ、こっちがいい」「やだ、僕はこうしたい」と自己主張しまくりである。それ自体は成長であり歓迎すべきことではあるが……母親の神経は参ってしまう。
加えて、息子は極度のママっ子である。今までも軽なったり重くなったりとムラはあるが、最近は重くなったと見え「着替えの手伝いはママにしもらいます!」「トイレの後始末はママとします!」とはっきりきっぱり振られた旦那がしょげかえっていることが度々ある。
さて、こんな状況での母親の気分転換とは如何にしたものだろうか?
まず、子供と一緒にいるときには、気分転換というものを諦めきってしまうのも手だろう。なまじ期待するからイライラも溜まるのである。毎朝家事を終えてからせめていっぱいのコーヒーを飲むことを楽しみにしてるんだけど……と思っていたが、子供がどうしても「ママ、早くいっしょに遊びなさい!」とこんな感じの場合、コーヒー飲みたい……などといつまでも考えないほうがいい。今日は諦めて遊んじまおう、くらいに割り切った方がすっきりする。
子供と一緒にストレス解消をするなら、掃除を一緒にするのが個人的にはお薦めだ。もちろん、本当に掃除したい箇所を掃除してはいけない。ベランダや玄関など、どうせやってもすぐ汚れたり、そもそも汚れてるのか綺麗なのかわかりづらい場所を選ぼう。
そして、ほうきを持たせて思いっきり掃かせてみたり、水をまくついでに水遊びしてみたりと、自分も童心に帰って遊んでしまおう。着替えなど、すぐそばに置いとけばなんとかなるもんである。

10分も騒げば、子供も大人もそれなりに満足し、その後はわりと大人しく一人であそんでくれたりする。大人はその隙にコーヒーを飲めばよろしい。
いつもいつもうまくいくとは限らないのが育児だが、成功率は5割を越えているのでまあ、いいほうだと言えると思う。

全く育児日誌ではないが、最近夏休みが始まったので、ストレス解消法について書いてみた。よろしければお試しあれ!

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

黒の福音

次の記事

僕じゃないよ?