読書感想|恋路に障害がありすぎるラブコメ、ダストボックス2.5 #4

元ライターが作家目線で読書する当ブログへようこそ!

ダストボックス2.5 #4 高津カリノ スクエアエニックス

ゴミ箱ではありません、漫画のご紹介です。

高津カリノ先生は4コマでラブコメを描く作家さんで、代表作に『Working!!』というファミレスを舞台にしたラブコメがあります。

作品の特徴としては、カップリングが明確に決まっていて、いつかくっつくんだろうけど、いつになったらくっつくんだろう?というヤキモキを楽しむ感じです。

タイトルに恋路に障害がありすぎる、としましたが、恋のライバルが多いわけではなく、その他の要素で「どうやったらこの2人は付き合えるんだろう?」という困難な状況が生み出されます。

初のご紹介でもありますので、簡単に既刊の紹介などもさせていただきますね。

目次
 1.ダストボックス2.5はこんな漫画
 2.4巻のおおまかなあらすじ
 3.わたくしのおススメ


1.ダストボックス2.5はこんな漫画

ダストボックスというのは声優事務所の名前で、そこに属する個性的過ぎる声優たちをメインに、お仕事しつつ、恋愛主体でお話が進んでいきます。

神 静馬(主人公)
元子役で、極度の人見知りになってしまい引きこもっていたが、ダストボックスの事務として働き始める。モブだが声優にも挑戦しだす。言動の動機が「人に迷惑をかけたくない」で占められる。

小川 日歌里(ヒロイン)
新人声優でダストボックス所属。目つきが悪いため怖いと誤解されやすいが、いい子。静馬とは高校の同窓生で、静馬の声が大好き過ぎて静馬のクラスにやってきては「しゃべって!」と無茶ぶりしていた(ことは静馬は忘れていた)。
静馬との再会後、声が好き、から発展して、静馬が好き、になりつつある。

メインカップルだけ紹介しましたが、他にも濃ーい声優がたくさんでてきます。

ダストボックスという社名は、業界のゴミ箱という意味だそうで、業界の中でも実力も人気もあるけど個性的過ぎて扱いきれない人材が寄せ集まった事務所、という設定になっています。

2. 4巻のおおまかなあらすじ

お話の内容は恋愛がらみが主で、小ネタがちょいちょい挟まったりもします。

現在、恋路が進展しつつあるカップリングは5組います。

全部はご紹介しきれないのでここでは主人公カップルのみあらすじをご紹介します。

(4巻のあらすじ)
元々静馬の声が大好きだった日歌里は、同じ会社で働き出してからも静馬の声が大好きで、声が聞ける喜びにひたっていた。

しかし、前巻までに元子役だけあってルックスもいいことや、何より優しい性格に触れ、徐々に異性として意識しだす。

まだ新人で恋をしている場合ではない、しかも相手は同じ事務所の静馬とあっては、絶対ダメ。

真面目な日歌里は仕事を頑張ろう、と思うが、結局静馬の声に励まされドキドキしているのだった。

一方静馬は、声優としてモブのまま活動できればいいや、と思っていた。

そこに子役のころのライバルであり、極度の人見知りになった原因でもある竹林と声優の仕事場で再会してしまう。

声優として再びライバルになってしまった2人だが、静馬は竹林に役を譲ってもいいかな、と欲がない。

そんな静馬に呆れたダストボックスの先輩声優たちが、静馬にやる気をださせるため、日歌里に「竹林君って演技うまいよね」と誉めさせる。

その言葉に嫉妬を覚え、静馬は声優としても頑張ってみよう、と思い始めるのだった。

3.わたくしのおススメ

ここまで、主人公カップルのみをご紹介しておいてなんですが、私の押しは別カップルだったりします。

たぶん、作中一番、どうやってくっつくの?という雰囲気を醸し出しているせいかもしれません。

改めて簡単にご紹介します。

早乙女 教一
ダストボックス所属の人気男性声優。ハーレム系アニメの主役をこなすために、女性のことを研究していたらオカマ言葉になった変な人。仕事に厳しく、金にうるさい。元ファンで現在同僚の勇羽に好意を寄せられているが、奇矯な言動が目立つために共演NGにまでして遠ざけていた。

吊橋 勇羽
ダストボックス所属の人気アイドル声優。ルックスも歌唱力も高いが、ファンにも教一が好きと公言するなど、常識はずれの行動をする。教一のファンであり、一緒に声優したくてわずか数カ月で声優になったすごいんだか困るんだかよくわからない子。3つ子の弟がおり、子育てに疲弊した両親にかわってよく面倒をみる優しい姉の一面もある。
過激な愛情表現にはじめは教一にドン引きされていた。

このカップリングは女性が男性を追っかけまわして困らせている感じなのですが、教一の方が勇羽の行動力についていけず遠ざけている、むしろ嫌っている(?!)くらいの関係性から始まっています。

読んでいても、勇羽は悪い子ではなくむしろ良い子なんだろうけど、愛情表現がストレートすぎて(人前でも大好きと言って憚らない、逃げても鬼ごっこのように追い掛け回される)ついていけない教一の気持ちがよくわかります。

どうやってハッピーエンドまでこぎつけるつもりなんだろう…?と思っていましたが、勇羽の努力(弟たちの面倒見がよい、ファン握手会で超マナーのいいファンっぷりをみせた)により、前巻までに教一に共演NGを解除させ、デートの約束を了承させることに成功しました。

そして4巻で無事(?)デートし、少しは距離が縮まったかな~? と思えたんですよ。

教一の態度は柔らかくなったし、少しは向きあおうと思った、と本人も言っていたんですよ。

それなのに、教一から意味深すぎる一言がでてきてしまったんです。

「仕事を真面目にする子が好き。勇羽が真面目に仕事をするようになれば……振られるわね、私が」

振られるのは勇羽ではなく、自分(教一)の方だって言うんですよね。

一体どういう意味なんでしょう???

結局、このセリフの真意は4巻では明かされることはありませんでした。

次巻で明かされるんでしょうか? 

ものすごく気になりませんか? このカップル。


いかがでしたでしょうか?

高津カリノ先生はデビュー前からWebで4コマラブコメを公開されており、現在もデビュー前の作品は全部読めるようになっています。

私のお薦めは『Working!!猫組』です。

※高津カリノ先生のHPはこちらからどうぞ うろんなページ

作品を楽しむことももちろんですが、4コマを読む時に、私は起承転結を意識して読むようにしています。

4コマしかないですからね、起承転結のつけ方が明確で、お話運びを考える練習にもなりますよ。

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!

よろしければ感想など、コメントを残していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。