武蔵小杉 GRAND TREE その3

これまで子供向けフロア、屋上庭園を紹介してきましたが、今日は食事編、ということで、レストランやショップを回ってみた感想を書いていきたいと思います。

フードコート&レストラン、ショップ

お昼時になり、子供連れで悩むのは食事です。大人だけ、あるいはまだ離乳食の赤ちゃんであれば悩まずに大人の好きなところに行けばいいのですが、いっちょまえにご飯を食べる幼児連れだと、どこにつれていけばいいのか、悩む方も多いのではないでしょうか?
GRAND TREEの中には大人だけで行きたいようなお洒落な店から、子供連れ大歓迎のフードコート、持ち帰りで買って館内で食べられるスペースまで豊富に選択肢がありました!

息子は3歳なので、もうある程度は大人と同じものを食べられますが、固まり肉がメインだったり、辛い物、生物を食べさせる店はできるだけ避けたい……ということでまず向かったのはフードコートでした。4階の子供向けフロアのほぼ中央にあり、ラーメンやうどん、ハンバーグ、たこ焼きなど、定番のラインナップが並んでいました。ただ、こういう場所によくあるチェーンのハンバーガーショップはなかったです。フライドポテト大好きな息子は少し不満そう……なので1階まで行き、レストランと持ち帰り専用のショップのあたりを覗いてきました。

レストランではピザやハンバーグ、お好み焼き、とんかつなどの美味しそうなお店がずらり……。
ショップの方にはスイーツや唐揚げ専門店、パンなど、とにかく選択肢は多数ありました。
私たちは行きませんでしたが、大きなスーパーもありましたので、そこで惣菜やお弁当を買って、あちらこちらに設置されているベンチで食べてもいいかもしれません。
息子の希望でパンを食べることにした私たちは『Pain au Tradditionel』というお店でパンを買いました。ここのパン屋は惣菜パンではなく、塩パン屋食パンなどの食事用パンがメインのお店のようでした。ピザパンと熊さんの形をしたチョコパン、レモンクリームパイを購入し、近くのベンチで食べましたが、おいしい!
ピザパンはホワイトソースベースのキノコがのったものを選びましたが、キノコがシャキッとした食感があり、柔らかいパンとの相性もよかったです。レモンクリームパイは中にレモンピールが入り、その食感に負けないようにしっかりとした固めのパイ生地になっていました。チョコパンをペロッと食べた息子に、ピザパンとレモンクリームのパンもそれぞれ、かじりつかれ、若干量が足りなくなってしまった私は、もう一つくらい買っておけばよかったとちょっと後悔しました。

3歳VS砂絵

そして、この後ちょっとしたアクシデントが。
遊んで食べて、そろそろ帰ろうかな……と思ったところで、息子がイベントスペースでやっていた砂絵を目敏く発見し、「やりたい」と言い出しました。
砂絵……3歳児にできるのかしら??? っていうか何歳からできるものなの?
ちょっと迷いましたが、どうしてもやりたいというので根負けしてやってみることに。
体験した砂絵は、台紙全体がシールになっており、絵のパーツごとに台紙の保護シートをはがし色のついた砂を置いていけるようになっていました。台紙の保護シートをはがし、色付きの砂を置き、また別の個所の保護シートをはがし、色付き砂を置き……を7回ほど繰り返して、できあがり!!
保護シートをはがすのは大人でないと難しい細かい作業もありましたが、砂を置いていく作業は3歳児でも簡単にできるものでした。
「上手にできたぜ!」と嬉しそうな息子をみて、久しぶりに物より思い出……という言葉を思い出しました笑。

大満足した息子と並んで「また来ようね~!」と話しながら、楽しく過ごすことができました。
夏の暑い日はまだ続きますので、子供連れで行く場所に困ったら、行ってみると楽しいところでしたよ!

ここまで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。