絶対に通ってはいけない

小説風育児日誌です、どうぞ!

息子は電車が好きだ。そして、電車に関係するものも概ね好きだ。
この間、父親を相手に改札ごっこをしていた。
カードをかざしてピッ、と通る、自動改札の役を息子がし、父親が利用客である。
息子の改札はなかなか意地悪で、簡単には利用客を通してくれない。
「ピンポーン!」
「あれ? チャージ不足かな? お金をチャージして、もう一回、ピッ」
「ピンポーン! 駄目でーす、通れませーん」
「えー!?」
みたいなことをひたすら繰り返していた。
その内、父親も意地でも通ってやると思ったのか、強引に通ろうとしていたが、息子のガードもなかなか固い。
意地悪改札はレベルをあげていった。
「パパは通れないんです!」
「トイレしてこないと通れません!」
「アンパンマンのおもちゃを買ってくれないと通れません!」
もうなんでもありになってきていた。
そして、息子の妨害は言葉を越えた。
「改札が上に上がりますから通れません!」
確かに、息子は精一杯の背伸びをして、改札の真似をしていた両腕を上にあげていた。
「くそー!」
父親はどうしても通れない改札を前に悔しそうである。
しかし、わたしはどうしても突っ込みたくて仕方なかった。
「その改札、下、通れちゃうんじゃない?」

それを言ったらおしまいでしょ、という父親の無言の圧力を背中から感じた。


読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

進化の過程