いい感じに生意気

小説風育児日誌です、どうぞ!↓

息子はストライダーが好きでよく公園で乗り回している。そのうち、子供が集う遊び場にもストライダーで行くと言い出した。危険ではあるが、あまりスピードを出さないこと、しっかり周りを見ること、などを約束に許可することにしている。

しかし、子供のことなので、走り出すと約束のことなど頭からすっぽり抜けてしまう。だから親は子供がストライダーで華麗に走る横を、小走りする羽目になる。ストライダー厄介なことに、かなりのスピードが出るのだ。

今日も息子に付き合って遊び場に行く。息子の足はストライダーだ。帰り道に、またも約束を頭から追い出して、道に止めてある車に夢中になっていた。           「ほら、ちゃんと前をみなさい」                         声を掛けるとしぶしぶ、といった感じで前を向く。                 「よそ見ばかりしてると、碌な目に遭わないわよ」                  そんな風に警告した。すると、息子は急にストライダーを漕いでいた足を止め、私の顔をみた。その顔は、口を縦長に大きく開け、目を細め、眉を寄せていた。要は、とんでもなく人を小馬鹿にした表情だった。

「碌な目にあわないもーん」

そう言い捨てて、息子はまた快調にストライダーを漕ぎだした。一瞬、ぽかん、としてしまったが、私も慌てて後を追い、「この野郎!」と体をこちょこちょしておいた。

親に口答えできるようになったか……生意気になったものだ、とちょっと嬉しく思った。しかし、きっと碌な目に、の碌なの意味はわかっていまい、とも思った。

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

宇宙兄弟 #26

次の記事

宇宙兄弟 #27