漫画家を応援しましょう! ~少しでも連載を長くするためには~

元ライターが作家目線で読書する当ブログへようこそ!

このページでは、漫画家を応援するための方法をご紹介しています。

最近、立て続けに応援していた漫画家さんの連載が短命で終了してしまい

凹んでいます。

もっと応援していたら連載が長く続いたかもしれないのに……!

そんな後悔から、このページは生まれました^^;

応援と言っても、お金を大量に使うような方法ではありません。

子供のお小遣いレベルでできることばかりです。

少しのお金と時間をかけて、好きな漫画家さんと作品を応援しましょう!

応援方法その1 コミックスを買いましょう

まずは基本中の基本、ちゃんとコミックスを買いましょう

それでもできれば発売日当日に、買うことが望ましいです。

漫画家さんも商売です。

どんなに作品が優れていて、ファンが多くいても、

お金を生まなければ連載を継続することはできません。

コミックスの販売部数は一番分かりやすい指標なんです。

そして、発売日当日の売れた数というのが、ものすごく重要視

されています。

twitterアカウントを持っている漫画家さんだと、

「発売日に買って!」と呟かれている方もいます。

それはちゃんと切実な理由があるんですね。

余裕のある方は、発売日前に予約もしましょう。

本屋で予約することがベストです。

とはいえ、忙しかったり外出が難しいことがありますよね。

私はAmazonの予約をよく利用しています。

Amazonの場合は、クレジットカードやAmazonポイント、ATM等で

しっかり前払いを済ませてください。

これは教えてもらったことなんですが、やはり発行部数にカウントされる

基準は ”お金” のようなんです。

ちゃんと売上として計上されないと発行部数にもカウントされません。

よって、支払方法を代金引換に設定していると、せっかく予約しても

お金を払った日にカウントされてしまうのです。

Amazonなんかだと発売日から数日遅れて手元に到着、なんてことは

ざらにあるので気を付けましょう。

また、発売日を調べる方法ですが、連載を追いかけている場合は

必ず発売日前に告知がされていますし、

アプリで発売日をチェックすることもできます。

私が使っているのは『読書メーター』です。

『新刊チェック』という機能があり、そこに作品タイトルや

作家名を登録しておくと、発売日が近づくと教えてくれます。

便利な機能なので使いまくってます^O^

応援方法その2 いいね!やコメントを利用しましょう

最近はアプリのみ、ネット上のみで連載している作品も

多いですよね。

雑誌とは違い、掲載週は無料で読めることがほとんどで助かります。

これはそういった作品向けの応援方法です。

作品を読み終わると、いくつか広告が表示された後に

「面白かったらいいね!してね」

「応援コメントをおねがいします!」

といった表示がされます。

あとは いいね! を押したり、コメントを残せばいいだけです。

作品を見たユーザー数(View数)も稼げて一挙両得!

ネットやアプリでの連載だと、ランキング形式で作品が

紹介されていることも多いですよね。

応援している漫画家さんや作品が上位だと、

気分が良いものです。

積極的に応援していきましょう。

また、私もたまにネット上で小説をアップしていたりもしますので

おこがましくも作家の立場として言いますと…

目に見える応援、というのは本当に励みになるものです。

たった一つの ”いいね!” が次も頑張ろう!になるわけです。

コメントなんてついた日には舞い上がります笑。

プロの方だと、もっとクールにとらえるのかもしれませんが、

創作の根幹を支えている部分は同じだと思います。

読んでくれて、面白いと思ってくれている人がいること、

それが無上の喜びです。

「ここで応援してます!」とその気持ちを作家に伝えてあげてください。

応援方法その3 布教活動をしよう

ここでいう布教とは、つまり作品を世に知らしめるための

活動をいいます。

大げさな言葉を使ってますが、やることは簡単。

家族や友人に、あなたの好きな漫画家さんや作品を

紹介しましょう。

「これ面白いよ」

「これ知ってる?」

そんな簡単な言葉でいいんです。

興味を持ってくれたら万々歳!

試し読みの存在を教えてみたり、コミックスを貸してみたり、

作品のことを知ってもらいましょう。

あなたが、その作品のどこが好きなのか、も併せて

教えてあげるといいと思います。

2021年2月現在、未だに快進撃を進めている『鬼滅の刃』、

私がこの作品を知ったのも知人からの紹介でした。

「これ面白いから読んでみる?」

その一言から漫画を借りて、あっという間に

近所で仲の良い家族同士の間で『鬼滅の刃』は広まっていきました。

口コミの力、恐るべし、なのです。

ただし、くれぐれも押しつけがましくならないように、

相手が望んでいる範囲でお薦めしてくださいね。

好きなものをゴリ押ししたくなる気持ちはわかりますが、

行き過ぎると漫画家さんや作品にまで迷惑がかかる

可能性もある、と思ってください。

SNSが好きな人はそこで感想や、好きなところなどを

配信していくのもいいと思います。

応援方法その4 それ以上を望む方には

ここまでは子供のお小遣いレベルでできる応援方法でしたが、

最後に、もう少しだけお金をかける方法をご紹介します。

雑誌で連載されている漫画は、掲載誌を買いましょう。

電子版がある場合は、それでもいいです。

その作品が掲載されていることで雑誌の部数が伸びることが大事です。

そして、アンケートはがきを回答して出しましょう。

雑誌のどこかにはがき自体がついている、もしくはアンケート送付先が

記載されているはずです。(切手代は読者持ちのことが多いです…)

電子版の場合はアンケートサイト繋いで、アンケートに回答しましょう。

例えば少年ジャンプでは、『どの漫画が面白かったか?』を

上位3作品まで投票できるようになっています。

たかがアンケートの一票ですが、塵も積もれば山となるです。

また、アンケートは懸賞応募と一体化していることも多いので

何か当たるかもしれない!という期待も持てますよ笑。


以上、漫画家と作品を応援するための4つの方法をご紹介しました。

大好きな漫画家さんや作品があることは、日常の励みになります。

少しでも長く、活躍してもらうために、応援方法を実践してみてくださいね。

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。