読書感想|子供と散歩の時間の会話の種に、ぎょうれついろいろ(accototo)

元ライターが作家目線で読書する当ブログへようこそ!

ぎょうれついろいろ accototo 幻冬舎

久しぶりに絵本のご紹介です。

絵本は、ちょっとした発想から中身を膨らませて、大人も子供も楽しく読めるものが多いですよね。

『ぎょうれついろいろ』もそんな絵本の一つです。

中身は、ただひたすら何かの行列が描いてあるのですが、その行列のつなぎ方がユニークなんです。

例えば、

”どうぶつえんの ぎょうれつにならぶ おとこのこが みている…

ありのぎょうれつ  ありの ぎょうれつの むかいにある…

くるまのぎょうれつ”

という風に、一つの行列から少し関連して、他の行列に視線が変わっていく、という連鎖で繋がっています。

中には うちゅうじんのぎょうれつ なんかも出てきて、自由な想像を促しています。

大人にとってはただものが並んでいるだけの行列も、子供にとっては発見と発想の遊びになるんですね。

一緒に読んでいると「次はなんの行列が出てくるかな?」と親子で予想したり、「次は●●の行列がでてくるはず!」と

記憶力のいい子供は順番を暗記してしまったりして、親を驚かせてくれます。

子供にとっても素敵な絵本ですが、絵本ならでは、絵もいろいろ工夫がしてあって、大人も楽しめます。

行列も、同じようなものが並んでいるように見えて、少しずつ違いがあります。

途中、ねずみの行列が出てくるのですが、ねずみたちに動きが付けてあって面白いんです。

チーズやリンゴをもって運んでいたり、よちよち歩く子供ねずみを振り返るお母さんねずみがいたり、せっかく持っていたチーズを落としてしまったねずみもいたり……

細かく描きこまれ、個性あふれる行列になっていて、じっくり眺めていられます。

読んでも楽しい絵本ですが、散歩のときにも使えます。

一緒に道を歩いていると、車の行列の横を通ります。

私  「車の行列だね」

息子 「うん」

私  「車の他にも行列ないかな?」

息子 「うーん、あ、草の行列!」

など、会話の種になりますよ。

慣れてくると、子供の方から「あれもこれも」と行列になっているものをうるさいくらい教えてくれたりします。

いつものスーパーへの道も、新鮮に感じられるかもしれないです。

いかがでしたでしょうか?

大人になると絵本をじっくり読む機会は激減しますが、子供が一人で遊んでいるときに、のんびり眺めるのも楽しいですよ。

ちなみに、今回ご紹介した『ぎょうれついろいろ』に限らず、絵本を読んでいると気になるのが「この絵、どうやって描いたんだろう?」ということです。

画材は何を使ってあるのか?

原画のサイズはどれくらいなんだろう?

漫画みたいにネームのようなラフ画から練り上げていくのかな?

絵本ってどうやって作っていくのか、一度制作過程を見てみたいですね。

それでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!

よろしければ感想など、コメントを残していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。