今日はなにしたの?

小説風育児日誌です、どうぞ!

息子は年少さんで、まだ言葉はたどたどしい。言いたいことがあっても、きちんと聞き取るには時間も手間もかかることが多い。ましてや、本人がしゃべりたいと思っていないことは、聞き取り不可能にちかい。

幼稚園に通い始め、親の目が届かない時間が増えた。一体、幼稚園でどう過ごしているのか、親としては気になるところだし、先生からも積極的に聞いてあげてください、と言われている。
そこで、毎日夕飯の時間などに「今日は何して遊んだの?」「お外で遊べた?」など、聞いてはみるのだが、息子ははっきりと教えてくれないことが多い。そもそも説明するだけの語彙力がないか、ニヤニヤ笑って、秘密ということらしい。

しかし、秘密にして教えてくれない割には、バレバレな部分もある。
家で遊んでいる最中に、謎の鼻歌を歌って踊ったり、突然「はーい、今日は●●しますよー!」とごっこ遊びを始めたりするからだ。

昨日も、父親がその辺りに放置しておいたメモ帳をめくりながら、「もも、りんご、さくらんぼ! はい、みんなも一緒に」とぶつぶつ呟いていた。言葉でリズム遊びをしていたらしい。私が聞いた時にはリトミックをした、としか教えてくれなかったのだが。
息子と一緒に「もも、りんご、さくらんぼ…」と唱えながら、幼稚園を楽しんでくれているようで安心するのだった。

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

歯磨きしたくない