天邪鬼太郎

小説風育児日誌です、どうぞ!

息子は週に1回、習い事をしている。1歳台のころから通っている先生なので、息子の感覚としては親戚のおばちゃんに近い。身内にしかとらないような態度を先生に取ってしまうのである。

その一つが「天邪鬼」。言ったことに対してなんでもかんでも反対の反応を返す、アレである。

今日も先生の言うことを聞かずに「そうじゃないもーん」「それはやりませーん」と言いたい放題、やりたい放題。

習い事の先生はもう20年以上同じ仕事をされている超ベテランなので、ちょっとのことには動じないが、何も溜まっていかないわけではないのだろう。今日、ついにちょっと本音が漏れた。

「もう……! 天邪鬼太郎なんだから!」
それでもネーミングセンスが可愛らしいところがさすがのベテラン先生である。

続く、かもしれません。
読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

したくないからって…

次の記事

天邪鬼太郎 困る