お姫様になりたい その2

小説風育児日誌です、どうぞ!↓

お姫様になりたいと言い出した息子が、スカートの色はピンクじゃなきゃ嫌だと言い張るので、ピンク色のスカートを持ってきた。

「ほら、これでいいでしょ?」                          ひらひらと息子の前でスカートを広げると、満足そうに「うん」と頷いた。       下からはかせるのも面倒なので、上からポンチョのように被せてはかせる。スカートだからできることだ。着替えは女の子のほうが楽かもしれない。     

「ねえ、ママ」                                 しかし、息子はスカートをつまんで何やら不満顔をしている。今度は何だ。      「どうしたの? ピンクのスカート、かわいいじゃない」              お姫様みたいよ、と言っても、息子は納得していない。本当にどうした?       「何か不満なの?」                               そう尋ねると息子はおもむろにスカートを脱いでしまった。             なぜだろう? はく前に見せた時は機嫌が良かったというのに。           息子は脱いだスカートを私のほうにつきだした。

「ちゃんと下からはかせて」                           スカートはそうやって着るものでしょ? そうじゃないとお姫様じゃない。      そこまではっきりとは言いはしなかったものの、彼のとがった口先はそう訴えていた。 お姫様に変身するのも一苦労だ。

読んでくださってありがとうございました! その3もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。