小説風育児日誌

タイトルのようなものを書き始めようかと思います。あくまで小説風、なので日記以上物語未満、基本は日常の一コマを小説風に記した実体験記です。

それでは、さっそくどうぞ↓!!

タイトル 「ご褒美がほしい」

私にはこの春から幼稚園の年少組に通い始めた息子がいる。3歳で、まだ言葉はたどたどしさを残しつつ、だんだんやんちゃになってきた、可愛い盛りの息子だ。息子はとても甘えん坊で、幼稚園バスの乗り場から家までの道のりは、ほぼ私の抱っこである。ちなみに、息子の体重は15kg前後、正直重い。歩いて15分ほどの距離だが、ずっと抱っこはしんどい。しかし、まだ入園したてで、気持ちも不安定であろう息子のため、我慢して抱っこをする日々である。

そして今日も、息子の迎えに行き、帰りは当然のように抱っこを求められ、のろのろと彼を抱えながら歩いていた。息子は少し疲れたのか、私の肩に手を回し、もたれかかるようにしている。肩に体重が少しかかってしまうため、余計に重く感じる。

途中、トンネルがある。距離は260mらしい。けっこうな長さである。このトンネルの中は、息子も歩くことが多いので、今日もそう促したが、彼はいやいやと首を振った。

「疲れたから嫌だ」                               「ママも疲れたよ。トンネルの中くらい歩こう?」                 「やだぷー」                                  と、生意気な口をきいて口をとがらせている。仕方ない、今日は260m分、余計に筋トレをしたと思うしかない。思うしかないが、現状において、腕がしびれてきているのは確かだ。私は現状打破のために、息子に質問をすることにした。            「ママの抱っこ、好き?」

息子は、きゅっと肩に回した手に力をこめた。                  「うん、大好き!」                               満面の笑顔である。

それじゃあ仕方ない。心持ちしびれが薄れた腕に気合をいれて、私はトンネルの向こうをめざした。

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ループする会話