本屋にいけない

新居に引っ越しするまであと2週間をきりました。

今、家の中は絶賛片付け中。段ボールがあちらこちらに転がっています。

昨日までになんとか蔵書のほとんどは段ボールに詰めることができました。我が家にはおそらく漫画も含めて1000冊以上の本があると思われるので、引っ越しをするとなると、真っ先に段ボールの中に押し込まれてしまうのがこの本たちです。

そして、当然荷物は増やしたくないということで、本を買うこともストップがかかることになります…

この本屋断ちを始めてまだ1カ月と経っていませんが、かなりつらくなってきました。とても本屋に行きたい。行ってだーっと10冊以上は買いたい。発売されてないのに買えていない新刊が片手じゃ足りなくなってきたぞ…などなど、煩悩はつきません。

しかし、ここでささやかな問題に気が付きました。新居の周りには、本屋がない!歩いて15分はいかないと書店がないのです。

それくらい我慢しろよ、と自分でも思うのですが、今の自宅でも新刊くらいは帰る本屋が徒歩5分内にあっただけに、ちょっとショックな気づきだったわけです。

でも、ポジティブに考えれば、ちょっと歩かないと本屋には行けないということで、少しは本を買うのを自重するようになるかな…(最近旦那の目が厳しくなってきたのです)

引越すまでの本屋断ち、我が家の蔵書に会えないのは寂しいですが、あと2週間、がんばります。

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

荷造りと幼児

次の記事

テニプリっていいな