あまのじゃく♪

おかさんといっしょの「じゃくじゃくあまのじゃく」という歌を知っていますか?

今日の放送でも流れていましたが、息子は大好きでちょっとくちずさむと真似したりします。

この今日はタイトル通り、あまのじゃくな子供について歌ったもので、「あまのじゃくは思ってることと違うことを言ったりする素直になれないひねくれ者の鬼の子なんだよ」という歌詞の内容になっています。

そしてこの曲、とてもアニメーションがかわいらしい。3人の普通の子供が一緒に遊んでいるけど、1人だけ小さな角を生やした子がいて、遊ぼうと誘われても「本当は遊びたいけど……」というそぶりをして、でもそっぽを向いてしまったり、みんなとは逆向きに体を振ってみたりと、あまのじゃくっぷりを表現しています。

あまのじゃくもこうやってみるとかわいいなあ……なんて、思っていましたが。

あまのじゃく、自分の息子がなるとかわいくありません(泣

とにかく全部、逆のことをするし、言うんです。

母「あれやらないで」 → 息子「わーい!(やってやれ!)」

母「ここで待ってて」 → 息子「いやぷー!」

母「片づけようか」 → 息子「かたづけませーん!」

母「トイレ行こう」 → 息子「トイレ行きませーん!」

なんというか、連続してやられると疲れます(笑

これが第一次反抗期、俗にいうイヤイヤ期、のさらに延長上にあるプチ反抗期、なんでしょうかね?

テレビのようにかわいらしく脳内変換して乗り切りたいものです。

読んでくださってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

これも遺伝?

次の記事

今日の一言